インスタグラムの乗っ取りを防ぐために2段階認証を設定しよう

最近多い「アカウントの乗っ取り」被害、他人事ではありません!

 

一時期のっとり被害が流行って今は落ち着いたものの、それでもアカウントをのっとられる被害はまだまだ続いています…(´・ω・`)

 

自分のアカウントが乗っ取られてしまうと、個人情報だけではなく親しい友人などにも被害が及んでしまう可能性がある為、インスタを安全に楽しむ為にはセキュリティ部分をきちんと設定し、強化しておく事が必要です!

 

Instagramの乗っ取りを防ぐ為には?

インスタアカウントを乗っ取られる人の多くは、簡易的なパスワードを設定したままで強化せずにアカウントを使っていた場合が多いので、乗っ取りを防ぐ為にはまず最初に「パスワードの強化」を行いましょう!

 

覚えやすいパスワードにしない

インスタ上の個人情報で推測されるようなパスワードだったり(例えば誕生日など)、777や222、1010などの簡単な数字の羅列のみのパスワードの場合は要注意!

 

他人に推測されにくい、英数字を組み合わせたパスワードを設定する事をおススメします。

 

また、アカウント乗っ取りを強化したい場合は、定期的にパスワードを変更する事も対策の一つですよ(^^♪

 

他のSNSで使用しているパスワードを使いまわさない

「パスワードを忘れたら困るから…」と、他のSNSで使っているパスワードを使いまわすのも注意が必要です。

 

1つのSNSのパスワードがバレてしまったら、芋づる式にインスタなどのSNSのパスワードもバレてしまう事になるので、パスワードは1つのSNSにつき1個使用する事を心がけましょう!

 

ユーザーID、メールアドレスを変更しておく

初期で設定したユーザーIDやメールアドレスを変更する事も、乗っ取りを防ぐ一つの手段になります。

 

ユーザーIDは他人に推測されにくいIDに変更し、メールアドレスも誰にも教えてないもので、フリーメールで登録した捨てアドなどを登録しておくと安心ですよ。

 

2段階承認を設定して乗っ取り防止強化を!

パスワードを強化したり、ユーザーIDやメールアドレスを変更しても乗っ取り被害に遭う可能性もありますので、更にセキュリティ面を強化するのであれば「2段階承認」を設定しておきましょう!

 

インスタ 2段階認証

まずはInstagramアプリのマイページを開き、右上の設定マークをタップします。

 

インスタ 2段階認証

「オプション」の「アカウント」にある「2段階認証」をタップします。

 

インスタ 2段階認証

「二段階認証」をタップすると「セキュリティコードをONにする」という項目があるのでONにします。

 

ONにしたら続けて表示が出てくるので「オンにする」を選択すると、SMSでセキュリティコードが送られてきます。

 

そのコードを入力したら、二段階認証は設定完了です^^!

 

インスタ

二段階認証設定完了後、バックアップコードが表示されるので、スクショしておきましょう。

 

セキュリティコードを設定しておくと、別機種からログイン申請があった時に自分の携帯にスグに通知が入るので、未然に乗っ取り被害を防ぐ事にも繋がります!

 

TwitterやFacebook、ラインなどは既に導入してあるという事もあり、インスタグラムを利用する際も二段階認証を設定しておいた方が安心ですよ(#^.^#)!